説教・お知らせ

  1. トップページ
  2.  > 説教・お知らせ

説教

2021年10月31日(日)
説教:「神はわがやぐら」
聖書:詩編46:2~12

詩編46編は宗教改革者マルチン・ルターの愛唱箇所として有名である。宗教改革という壮大な働きの中で精神をも患ったという。この箇所から生まれた讃美歌「神はわがやぐら」には、悪魔が迫りくる実体験が記されている。悪魔が彼をおとしめようと部屋に現れると、ルターは、「私は洗礼を授けられている者だ!」と言って退けたという。このことはキリスト者が大事にすべき教理である。

「神はわたしたちの避けどころ、わたしたちの砦(とりで)。苦難のとき、必ずそこにいまして助けてくださる。」このことを信じて歩むことがキリスト者の根幹を成す大切な“信仰”というものになる。

この詩編46編は、二つの苦難が記されている。一つは、3節から7節の自然災害の苦難のこと。地震や洪水、津波を表しているともいわれる。私たちは、このような自然災害には殆んど無力だ。今年も地震や水害、台風の被害が多くあった。この自然災害は、神の業なのか?少なくとも今朝の聖書を読む限り、そうではない。「地が姿を変え/山々が揺らいで海の中に移るとも、海の水が騒ぎ、沸き返り/その高ぶるさまに山々が震えるとも。・・・」8節、「万軍の主はわたしたちと共にいます。ヤコブの神はわたしたちの砦の塔」とある。神は、「地が姿を変え、山々が揺らぐ」その状況にいる人々の側、「共にいます」とおっしゃっている。

もう一つの苦難は、9節から11節。ここの苦難は、国家権力による暴力に打ちひしがれている状況、国家間の戦争による悲劇を表し、また戦争を起こす権力者への裁きが言い表されている。神ははっきりと、戦争の武器である「弓を砕き槍を折り、盾を焼き払われる」とおっしゃっている。しかしこの世は、戦争の武器を造り続け、軍事基地を造ろうとしている。このことが如何に罪深いことか。神は、武器を砕き、折り、焼き払われると言っているにも関わらず。そして、その戦争の苦難の只中に置かれている人々へ、12節「万軍の主はわたしたちと共にいます。ヤコブの神はわたしたちの砦の塔。」ここに神の慰めと励ましの言葉がある。

私たちには、様々な苦難がある。あなたが苦しんでおられた時、神はあなたの側に居られ、悲しく、辛く、涙流している時、神はあなたと共に居られたのである。今、苦しみの中にある方が居られるだろうか? 神は、今、あなたと共に居られるのである。「神はわたしたちの避けどころ、わたしたちの砦。苦難のとき、必ずそこにいまして助けてくださる。」“神は我がやぐら”と約束しておられる。

(神谷)


■過去の説教(バックナンバー)

普天間バプテスト教会、過去の説教はこちらからご覧いただけます。タイトルをクリックするとPDFが表示されます。

2021.10.24
「イエスの女弟子たち」聖書:マルコによる福音書15:33~41
2021.10.17
「イエスが見たハラスメント」聖書:マルコによる福音書2:13~17
2021.10.10
「力は神のもの~十十空襲の悲劇を覚えて」聖書:詩編62:1~13
2021.10.03
「いかに幸いなことか」聖書:詩編1:1~6
2021.09.26
「苦難は希望へ、希望は東方から」聖書:エゼキエル書43:1~9
2021.09.19
「これはまったく神のみ業」聖書:マルコによる福音書2:1~12
2021.09.12
「神よ、あなたのみがご存じです」聖書:エゼキエル書37:1~14
2021.09.05
「主はわが牧者」聖書:エゼキエル書34:1~11
2021.08.29
「食事会への招き」聖書:ルカによる福音書14:15~24
2021.08.22
「立ち帰って、生きよ」聖書:エゼキエル書18:1~4、30~32
2021.08.15
「見つけたら一緒に喜ぶ」聖書:ルカによる福音書15:8~10
2021.08.08
「神は“哀歌と呻きと嘆き”と共に」聖書:エゼキエル書2:1~3:3
2021.08.01
「主の御手がのぞむ」聖書:エゼキエル書1:1~14,28
2021.07.25
「御万人ぬ救い」聖書:ローマの信徒への手紙10:5~13
2021.07.11
「神の義に差別はない」聖書:ローマの信徒への手紙3:21~31
2021.07.04
「御言葉を行う人になりなさい」聖書:ヤコブの手紙1:19~27
2021.06.27
「イエスの証しと神の言葉のために」聖書:ヨハネの黙示録20:1~15
2021.06.20
「イエス・キリストの黙示」―6・23沖縄戦の悲劇を覚えて―聖書:ヨハネの黙示録1:1~8
2021.06.13
「小羊の血と証しの言葉とで」聖書:ヨハネの黙示録12:1~18
2021.06.06
「天の声を聞く」聖書:ヨハネの黙示録18:1~8
2021.05.30
「神のパートナー」聖書:創世記1:21~31
2021.05.23
「聖霊に迫られて」聖書:使徒言行録20:17~24
2021.05.16
「神は名前を呼ばれた」聖書:創世記1:1~13
2021.05.09
「主は、この時代に一つのことをする」聖書:使徒言行録13:1~3,41~52
2021.05.02
「主よ、あなたはどなたですか」聖書:使徒言行録9:1~19前半
2021.04.25
「金持ちとラザロ」聖書:ルカによる福音書16:19~31
2021.04.18
「わたしは何者なのか」聖書:出エジプト記2:11~15
2021.04.11
「求めなさい。そうすれば与えられる」聖書:マタイによる福音書7:7~12
2021.04.04
「あなたがたより先にガリラヤへ」聖書:マルコによる福音書16:1~8
2021.03.28
「神殿の垂れ幕が裂けた」聖書:マルコによる福音書15:33~41
2021.03.21
「そのとき神はどこに」聖書:創世記8:1~22
2021.03.14
「十字架への道」聖書:マルコによる福音書15:16~32
2021.03.07
「キリストの視座」聖書:マルコによる福音書12:35~44
2021.02.28
「十字架を負う」聖書:マルコによる福音書8:31~9:1
2021.02.21
「対話する神」聖書:創世記18:16~33
2021.02.14
「あなたの神の子とする愛」聖書:ヨハネの手紙―3:1
2021.02.07
「仰ぎ見る信仰」聖書:マルコによる福音書7:24~30
2021.01.31
「からし種」聖書:マルコによる福音書4:30~34
2021.01.24
「イエスの怒り、悲しみ」聖書:マルコによる福音書3:1~6
2021.01.17
「ヒトはなぜ歌うのか」聖書:詩編42:2~12
2021.01.10
「まことの友となりたい」聖書:マルコによる福音書2:1~12
2021.01.03
「福音の初め」聖書:マルコによる福音書1:1~15
2020.12.27
「希望」聖書:マルコによる福音書13:28~31
2020.12.20
「光は暗闇の中で輝いている」聖書:ヨハネによる福音書1:1~14
2020.12.13
「それでもクリスマスはやってくる」聖書:マタイによる福音書2:13~23
2020.12.06
「神は我々と共におられる」聖書:マタイによる福音書1:18~25
2020.11.29
「だから、こう祈りなさい」聖書:マタイによる福音書6:9~13
2020.11.22
「あなたのパンを水の上に投げよ」聖書:コヘレトの言葉11:1~5
2020.10.25
「何事にも時がある―クロノスとカイロス」聖書:コヘレトの言葉3:1~11
2020.10.18
「被造物との連帯」聖書:ローマの信徒への手紙8:18~30
2020.10.04
「空しさの中に、神」聖書:コヘレトの言葉1:1~18
2020.09.27
「見よ、天からのパン」出エジプト記16:1~18
2020.09.20
「照らすために輝く」マタイによる福音書5:13~16
2020.09.13
「海を二つに分けなさい」出エジプト記14:5~18
2020.08.30
「戦争と平和―敗戦から75年―」ローマの信徒への手紙14:10~23
2020.08.23
「過越と十字架」出エジプト記12:21~28
2020.08.16
「記憶することが未来をつくる」申命記24:8~22
2020.08.09
「神と民の狭間に生きて」出エジプト記3:1~15
2020.08.02
「主を畏れること」出エジプト記1:1~21
2020.07.26
「神と共に歩むこと」ミカ書6:1~8
2020.07.19
「人間の“常識”は、神の“非常識”」マルコによる福音書2:1~12
2020.07.12
「『平和の王』―敗戦から75年―」ゼカリヤ書9:9~17
2020.07.05
「“霊”の火を消してはいけません」テサロニケの信徒への手紙一5:12~28
2020.06.28
「教会と隣人」 ローマの信徒への手紙15:1~6
2020.06.21
「新しい王、新しい時代-6.23沖縄戦の悲劇を覚えて」 イザヤ書11:1~10
2020.06.14
「小さくされた神」 フィリピの信徒への手紙2:1~11
2020.06.07
「信仰と愛と希望と」 テサロニケの信徒への手紙一1:1~10
2020.05.31
「聖霊のうめき、社会のうめき」 聖書:ローマの信徒への手紙8:18~30
2020.05.24
「コイノニア・ハウス」 マルコによる福音書7:1~23
2020.05.17
「イエスさまは灯し火」 ルカによる福音書24:13~35
2020.05.14
「神が共に」 コリントの信徒への手紙一12:27~13:13
2020.05.03
「あなたがたのためのわたしの体」 聖書:コリントの信徒への手紙一11:17~26
2020.04.26
「さあ、来て、朝の食事をしなさい」 聖書:ヨハネによる福音書21:1~14
2020.04.19
「顧みられる神」 聖書:創世記16:1~16
2020.04.12
「わたしは主を見ました」 聖書:ヨハネによる福音書20:11~18
2020.04.05
「成し遂げられた」 聖書:ヨハネによる福音書19:17~30
2020.03.29
「キリストの復活と私」 聖書:ローマの信徒への手紙6:1~11
2020.03.01
「神は人を大切に」 聖書:ヨハネ福音書12:20~26
2020.02.23
「真の休息」 マルコによる福音書6:30~44
2020.02.16
「見分けること、聞き分けること」 ヨハネ福音書9:35~10:6
2020.02.09
「分断を修復する神」 創世記3:1~24
2020.02.02
「“だれでも”わたしの水を飲みなさい」 聖書:ヨハネによる福音書7:37~44
2020.01.26
「わたしの肉を食べ、血を飲む」 聖書:ヨハネによる福音書6:22~59
2020.01.19
「神が与えた命と使命」 聖書:創世記2:4b~25
2020.01.12
「通り過ぎる神」 聖書:マルコによる福音書6:45~52
2020.01.05
「わたしはΑ(アルファ)であり、Ω(オメガ)である」 聖書:ヨハネの黙示録1:1~8
2019.12.29
「神と共に働く者」 聖書:コリントの信徒への手紙一3:6~9
2019.12.22
「なるがままに」 聖書:ルカによる福音書1:26~38
2019.12.15
「インマヌエル」 聖書:マタイによる福音書1:18~25
2019.12.08
「政治と祈りと讃美」 聖書:ルカによる福音書1:46~56
2019.12.01
「アドベント」 聖書:ルカによる福音書1:5~25
2019.11.24
「彼女を記念して」―世界バプテスト祈祷月間(OBC女性会)― 聖書:マルコによる福音書14:3~9
2019.11.10
「イエス・キリストと人権」 聖書:マタイによる福音書15:21~28
2019.11.03
「主の言葉が臨む」~首里城焼失の悲しみを越えて~ 聖書:ゼカリヤ書9:1~10
2019.10.27
「愛し合い、仕え合う」 聖書:ヨハネによる福音書13:1~20
2019.10.06
「平和への道は」 聖書:エステル記4:1~17
2019.09.29
「イエスの示す『正しさ』」 聖書:ヨハネによる福音書5:1~18
2019.09.22
「時を知る者」~大城実氏の哀悼の意を表して~ 聖書:エステル記1:10~2:4
2019.09.15
「みんな地の塩、世の光」 聖書:マタイによる福音書5:13~16
2019.09.08
「落穂拾い」 聖書:ルツ記4:7~17
2019.09.01
「今日も、明日も、神われらと共に」 聖書:ルツ記1:16~2:3
2019.08.25
「神の大いなる救い」 聖書:創世記45:1~15
2019.08.18
「すべての人が満たされる」 聖書:ヨハネによる福音書6:1~15
2019.08.11
「全地に散らされた」 聖書:創世記11:1~9
2019.08.04
「山の上で箱舟を造る」 聖書:創世記6:5~22
2019.07.28
「夢を見る」 聖書:創世記41:1~36
2019.07.14
「イエスのたとえの新しさ」 聖書:マタイによる福音書13:24~33
2019.07.07
「二つのものを一つに」 聖書:創世記37:1~11、エフェソの信徒への手紙2:14~16
2019.06.30
「土地も人の恩を忘れない」 聖書:マタイによる福音書20:1~9
2019.06.23
「暴力への依存」~沖縄「慰霊の日」を覚えて~ 聖書:詩編62:11~13
2019.06.16
「地の底の穴から救う主」 聖書:詩編88:2~13
2019.06.09
「告白する教会」 聖書:マタイによる福音書16:13~20
2019.06.02
「完全な者となりなさい」 聖書:マタイによる福音書5:43~48
2019.05.26
「沈黙の声を聴く」 聖書:マルコによる福音書15:33~41
2019.05.19
「永遠の命を受け継ぐ」 聖書:マルコによる福音書10:17~31
2019.05.05
「キリストと共に十字架につけられています」 聖書:ガラテヤの信徒への手紙2:15~21
2019.04.28
「神ならざるものを神としない」 聖書:コリントの信徒への手紙一10:1~13
2019.04.21
「復活の主と共に」 聖書:ヨハネ福音書3:16~21
2019.04.14
「キリストの受難から見えてくるもの」 聖書:ルカ福音書23:26~43
2019.04.07
「わたしはあの人を・・・」 聖書:ルカ福音書22:31~34、54~62
2019.03.31
「十字架を誇る」 聖書:ガラテヤの信徒への手紙6:11~18
2019.03.24
「神の国はどこに」 聖書:ルカによる福音書17:11~21
2019.03.17
「富める者と貧しき者」 聖書:ルカによる福音書16:19~31
2019.03.10
「父と母を敬いなさい」 聖書:エフェソの信徒への手紙6:1~2
2019.03.03
「希望があるから」 聖書:ローマの信徒への手紙5:1~11
2019.02.24
「主の祈り」 聖書:マタイによる福音書6:9~13
2019.02.17
「‘非暴力’は‘無抵抗’ではない」 聖書:マタイによる福音書5:38~41
2019.02.10
「安心して行きなさい」 聖書:ルカによる福音書7:36~50
2019.02.03
「イエスの新しさ」 聖書:ルカによる福音書5:33~39
2019.01.27
「イエスの招き」 聖書:ルカによる福音書5:27~32
2019.01.20
「湖畔に立つイエス」聖書:ルカによる福音書5:1~11
2019.01.13
「働くとき、聴くとき」聖書:ルカによる福音書10:38~42
2019.01.06
「山と丘はみな低くされる」聖書:ルカによる福音書3:1~20

お知らせ


普天間基地ゲート前でゴスペルを歌うかい

米軍基地を抱えるこの沖縄は、「戦後」75年、「復帰」48年が経過しようとするにもかかわらず、基地から派生する事件事故が絶え間なく起き、常に命が危険に晒され人権が軽視され続けています。
2012年のオスプレイ強行配備には、多くの県民が抗議の声を上げ、普天間基地ゲート前の座り込み、シュプレヒコールがなされました。この状況に“私も参加したい”と思っておられるキリスト者も少なくはなかったことでしょう。その思いを踏まえて、普天間基地ゲート前でゴスペルを歌い、抗議のかたちを表し続けています。また、月に一度は辺野古ゲート前でもゴスペルにて抗議を行います。

主は国々の争いを裁き、多くの民を戒められる。彼らは剣を打ち直して鋤とし/槍を打ち直して鎌とする。
国は国に向かって剣を上げず/もはや戦うことを学ばない。(イザヤ書2章4節)

<行動開始2012年10月29日~>
毎週月曜日pm6:00-7:00
2021年の実施期間:1月18日~12月13日
(普天間基地 野嵩ゲート前に集合)

・主催:「普天間基地ゲート前でゴスペルを歌う会」実行委員会

連絡先:098-894-0199(FAX兼)
「普天間基地ゲート前でゴスペルを歌う会」ブログへのアクセス :http://futenmagospel.ti-da.net/

普天間バプテスト教会50年周年記念誌

普天間教会50年周年記念誌が完成しました。(※一部のみご紹介します)

ダウンロードはこちら →

お問い合せはこちら

普天間バプテスト教会のお問合せ先

沖縄バプテスト連盟 普天間バプテスト教会

宗教法人 普天間バプテスト教会:沖縄・普天間にあるキリスト教会の外観

  • 〒901-2203
    沖縄県宜野湾市野嵩2-23-1(MAP)
  • TEL/FAX:098-894-0199
  • 主任牧師:神谷 武宏

トップへ戻る