説教・お知らせ

  1. トップページ
  2.  > 説教・お知らせ

説教

2022年6月19日(日)
説教:「平和をつくり出す人々」―6・23「沖縄慰霊の日」を覚えて―
聖書:マタイによる福音書5:9

今年も「沖縄慰霊の日」をむかえる。77年目になるが長い年月が経過しても戦争の悲しみはぬぐえない。毎年、糸満にある平和の礎に刻まれた名前をさすりながら涙するお年寄りの姿を見かる。

昨日、第16回「恨(ハン)之碑」追悼会が、読谷村瀬名波で行われた。日本軍が朝鮮半島から強制連行してきた若い男女が、軍夫や慰安婦とされ、その数5千とも1万人とも言われている。多くの朝鮮の方々が沖縄戦で亡くなっているが、名前が分かって礎に刻まれているのは464人に留まっている。

マタイ福音書5章9節≪平和を実現する人々は、幸いである、その人たちは神の子と呼ばれる。≫とあるが、「平和を実現する者」とは、ギリシア語の本文では、「エイレーノ・ポイオス」という単語で表されている。これはギリシア語の平和を意味する「エイレーネー」と、同じくギリシア語の「ポイエオー」造る・建てる、という意味の言葉からなる。「エイレーノ・ポイオス」それは一つの単語で、「平和実現者」「平和建設者」と翻訳される。当時、この「平和建設者」は、イエスがはじめて使った言葉ではなく、圧倒的な軍事力と政治力で、力によって押さえつけて平和を築こうとした当時のローマ皇帝に向けた言葉。皇帝アウグストスを賞賛する称号として用いられた。

イエスはあえてその言葉を使うのだが、しかも≪その人は神の子と呼ばれる≫とも言う。この「神の子」という言葉もまた皇帝アウグストスが民衆に強制的に崇拝の対象として、「神の子」と呼ばせていた言葉である。イエスは何故その言葉を用いたのか?

もちろん、イエスはローマ皇帝を平和建設者、神の子とは考えていたはずはない。それは、この世に対する風刺、批判であり、そのような武力、暴力、権力による平和など、まことの平和ではないということの批判であったであろう。この言葉が語られた前後関係の中で理解するならば、≪平和を実現する人々≫という言葉は、「心の貧しい人」や「悲しむ人」「義に飢え渇く人」「義のために迫害される人」という者たちの中に置かれている。つまり、イエスの言う「平和建設者」とは、貧しく、飢え渇き、悲しみ、迫害されている人々の側にあるということ。

「恨之碑」の「恨」という字は、恨みと読むが単に恨みだけを意味せず、悲しみ、不満、怒り、後悔などが長い間、しこりとなった感情を意味する。さらに、そういった感情を乗り越えようという意味も含まれていて、その痛みを共に担う友が与えられて行くのも、この「恨」には込められている。痛みを共に担う友が与えられて行く、ここに新しい平和の可能性があると言ってもいい。

主イエスは、貧しく、義に飢え渇く、あなた方、まことの義を求めるゆえに迫害されるあなた方、あなた方こそ平和建設者であり、あなた方こそ神の子なのだ、とイエスはそう言っておられる。痛みを共に担う中に平和はつくられて行く。

(神谷)


■過去の説教(バックナンバー)

普天間バプテスト教会、過去の説教はこちらからご覧いただけます。タイトルをクリックするとPDFが表示されます。

2022.06.12
「神の前に留まりなさい」聖書:コリントの信徒への手紙―2:1~5
2022.06.05
「十字架の慰め、励まし」聖書:コリントの信徒への手紙―2:1~5
2022.05.29
「平和は足元から」聖書:創世記4:1~16
2022.05.22
「十字架の言葉は“神の力”」聖書:コリントの信徒への手紙―1:18~25
2022.05.15
「教会はどこに建っているか」聖書:マルコによる福音書6:53~56
2022.05.01
「主の晩餐」聖書:コリントの信徒への手紙―11:17~26
2022.04.24
「水と生きる力」聖書:詩編63:1~12
2022.04.17
「さあ、共に生きよう」聖書:ヨハネによる福音書21:1~14
2022.04.10
「イエスは自ら十字架を背負う」聖書:ヨハネによる福音書19:17~30
2022.04.03
「みたび我が主をいなむ」聖書:ヨハネによる福音書18:15~27
2022.03.27
「ただ主のみを神として」聖書:コリントの信徒への手紙一10:1~13
2022.03.20
「ヒゼキヤのトンネル」聖書:歴代誌下32:1~8
2022.03.13
「ただ主のみを神として」聖書:コリントの信徒への手紙-10:1~13
2022.03.06
「見分けること、聞き分けること」聖書:ヨハネによる福音書9:35~10:6
2022.02.27
「わたしもあなたを罪に定めない」聖書:ヨハネによる福音書8:1~11
2022.02.20
「神を愛し、人を愛し、命を愛す」聖書:出エジプト記1:15~21
2022.02.13
「わたしは命のパンである」聖書:ヨハネによる福音書6:6:41~59
2022.02.06
「命のパンを頂こう」聖書:ヨハネによる福音書6:1~15
2022.01.30
「バラバラに、しかし共に」聖書:創世記11:1~9
2022.01.23
「主の言葉を信じて」聖書:ヨハネによる福音書4:46~54
2022.01.16
「祈るときには」聖書:ルカによる福音書11:1~13
2022.01.09
「その水をください」聖書:ヨハネによる福音書4:1~26
2022.01.02
「最初のしるし」聖書:ヨハネによる福音書2:1~11
2021.12.26
「あなたがたへのしるし」聖書:ルカによる福音書2:1~20
2021.12.19
「主があなたと共におられる」聖書:ルカによる福音書1:26~38
2021.12.12
「神はわれらと共に」聖書:マタイによる福音書1:18~25
2021.12.05
「黙して待てば、幸いを得る」聖書:ルカによる福音書1:5~25
2021.11.28
「エッサイの株から」聖書:イザヤ書11:1~10
2021.11.21
「神によるエンパワーメント-世界祈祷月間にちなんで-」聖書:ルカによる福音書10:38~42
2021.11.14
「目を上げて、わたしは山々を仰ぐ」聖書:詩編121:1~8
2021.11.07
「主は羊飼い、わたしは羊」聖書:詩編23:1~6
2021.10.31
「神はわがやぐら」聖書:詩編46:2~12
2021.10.24
「イエスの女弟子たち」聖書:マルコによる福音書15:33~41
2021.10.17
「イエスが見たハラスメント」聖書:マルコによる福音書2:13~17
2021.10.10
「力は神のもの~十十空襲の悲劇を覚えて」聖書:詩編62:1~13
2021.10.03
「いかに幸いなことか」聖書:詩編1:1~6
2021.09.26
「苦難は希望へ、希望は東方から」聖書:エゼキエル書43:1~9
2021.09.19
「これはまったく神のみ業」聖書:マルコによる福音書2:1~12
2021.09.12
「神よ、あなたのみがご存じです」聖書:エゼキエル書37:1~14
2021.09.05
「主はわが牧者」聖書:エゼキエル書34:1~11
2021.08.29
「食事会への招き」聖書:ルカによる福音書14:15~24
2021.08.22
「立ち帰って、生きよ」聖書:エゼキエル書18:1~4、30~32
2021.08.15
「見つけたら一緒に喜ぶ」聖書:ルカによる福音書15:8~10
2021.08.08
「神は“哀歌と呻きと嘆き”と共に」聖書:エゼキエル書2:1~3:3
2021.08.01
「主の御手がのぞむ」聖書:エゼキエル書1:1~14,28
2021.07.25
「御万人ぬ救い」聖書:ローマの信徒への手紙10:5~13
2021.07.11
「神の義に差別はない」聖書:ローマの信徒への手紙3:21~31
2021.07.04
「御言葉を行う人になりなさい」聖書:ヤコブの手紙1:19~27
2021.06.27
「イエスの証しと神の言葉のために」聖書:ヨハネの黙示録20:1~15
2021.06.20
「イエス・キリストの黙示」―6・23沖縄戦の悲劇を覚えて―聖書:ヨハネの黙示録1:1~8
2021.06.13
「小羊の血と証しの言葉とで」聖書:ヨハネの黙示録12:1~18
2021.06.06
「天の声を聞く」聖書:ヨハネの黙示録18:1~8
2021.05.30
「神のパートナー」聖書:創世記1:21~31
2021.05.23
「聖霊に迫られて」聖書:使徒言行録20:17~24
2021.05.16
「神は名前を呼ばれた」聖書:創世記1:1~13
2021.05.09
「主は、この時代に一つのことをする」聖書:使徒言行録13:1~3,41~52
2021.05.02
「主よ、あなたはどなたですか」聖書:使徒言行録9:1~19前半
2021.04.25
「金持ちとラザロ」聖書:ルカによる福音書16:19~31
2021.04.18
「わたしは何者なのか」聖書:出エジプト記2:11~15
2021.04.11
「求めなさい。そうすれば与えられる」聖書:マタイによる福音書7:7~12
2021.04.04
「あなたがたより先にガリラヤへ」聖書:マルコによる福音書16:1~8
2021.03.28
「神殿の垂れ幕が裂けた」聖書:マルコによる福音書15:33~41
2021.03.21
「そのとき神はどこに」聖書:創世記8:1~22
2021.03.14
「十字架への道」聖書:マルコによる福音書15:16~32
2021.03.07
「キリストの視座」聖書:マルコによる福音書12:35~44
2021.02.28
「十字架を負う」聖書:マルコによる福音書8:31~9:1
2021.02.21
「対話する神」聖書:創世記18:16~33
2021.02.14
「あなたの神の子とする愛」聖書:ヨハネの手紙―3:1
2021.02.07
「仰ぎ見る信仰」聖書:マルコによる福音書7:24~30
2021.01.31
「からし種」聖書:マルコによる福音書4:30~34
2021.01.24
「イエスの怒り、悲しみ」聖書:マルコによる福音書3:1~6
2021.01.17
「ヒトはなぜ歌うのか」聖書:詩編42:2~12
2021.01.10
「まことの友となりたい」聖書:マルコによる福音書2:1~12
2021.01.03
「福音の初め」聖書:マルコによる福音書1:1~15

お知らせ


普天間基地ゲート前でゴスペルを歌うかい

米軍基地を抱えるこの沖縄は、「戦後」75年、「復帰」48年が経過しようとするにもかかわらず、基地から派生する事件事故が絶え間なく起き、常に命が危険に晒され人権が軽視され続けています。
2012年のオスプレイ強行配備には、多くの県民が抗議の声を上げ、普天間基地ゲート前の座り込み、シュプレヒコールがなされました。この状況に“私も参加したい”と思っておられるキリスト者も少なくはなかったことでしょう。その思いを踏まえて、普天間基地ゲート前でゴスペルを歌い、抗議のかたちを表し続けています。また、月に一度は辺野古ゲート前でもゴスペルにて抗議を行います。

主は国々の争いを裁き、多くの民を戒められる。彼らは剣を打ち直して鋤とし/槍を打ち直して鎌とする。
国は国に向かって剣を上げず/もはや戦うことを学ばない。(イザヤ書2章4節)

<行動開始2012年10月29日~>
毎週月曜日pm6:00-7:00
2022年の実施期間:1月10日~12月12日
(普天間基地 野嵩ゲート前に集合)

・主催:「普天間基地ゲート前でゴスペルを歌う会」実行委員会

連絡先:098-894-0199(FAX兼)
「普天間基地ゲート前でゴスペルを歌う会」ブログへのアクセス :http://futenmagospel.ti-da.net/

普天間バプテスト教会50年周年記念誌

普天間教会50年周年記念誌が完成しました。(※一部のみご紹介します)

ダウンロードはこちら →

お問い合せはこちら

普天間バプテスト教会のお問合せ先

沖縄バプテスト連盟 普天間バプテスト教会

宗教法人 普天間バプテスト教会:沖縄・普天間にあるキリスト教会の外観

  • 〒901-2203
    沖縄県宜野湾市野嵩2-23-1(MAP)
  • TEL/FAX:098-894-0199
  • 主任牧師:神谷 武宏

トップへ戻る