説教・お知らせ

  1. トップページ
  2.  > 説教・お知らせ

説教

2023年1月15日(日)
説教:「押されっぱなしの人たちと共に」
聖書:マタイによる福音書4:12~17

イエスは悪魔から3つの誘惑を受ける(マタイ4:1~)。パンの奇跡、天使の演出、この世の繁栄ぶりを手に出来るという3つの誘惑。それは、「神の子なら」この世で神の力を魅せたら良いではないかと悪魔は語りかける。しかしこの世で生きることは、神でありながら人として生きること。現実の社会の只中にいる人々と共に生きることであることを示され、悪魔の誘惑を力強く退けた。ただその直後、「イエスは、ヨハネが捕らえられたと聞き、ガリラヤに退かれた」(4:12)とある。ここは先ほどの悪魔の誘惑を退けたのに対し、何か対照的で消極的なイエスを描いているように見える。ヨハネが捕らえられと聞き、身の危険を感じたからガリラヤへ退いたのか?

マタイ福音書で記されている「退く」は、マルコ福音書の並行箇所では「イエスはガリラヤへ行き」(マルコ1:14)となる。「行き・行く」は積極的に乗り込んで行く、攻めるということを意味するかと思うが、マタイはこの「退く」を用いる。何故か? 当時ユダヤ社会は、ローマ帝国の支配下にあり不自由を強いられていた。マルコが福音書を書いた時代は紀元70年頃で、抑圧に苦しむ民衆の抵抗運動が盛んな時代だったが、それから10年後のマタイの時代にはその抵抗運動の果てにローマ軍の勢力が強まり、神殿は破壊され、抵抗の芽はことごとくつみ取られてしまい人々が敗北感に打ちのめされ、反骨心どころか自分自身のアイデンティティさえ見失ってしまいそうな時代になっていた。圧倒的な権力に対し、力をもって立ち向かうことに挫折し無力感に打ちひしがれた時代、そんな時代に記されたのがマタイ福音書であった。

そのマタイ福音書が、新たに光を当てて指し示したのが「退くイエス」だった。力に対して力をもって制するのではなく、押し迫る力に対して退いていくイエス。それは一見消極的で卑屈な印象を持たれるかもしれないが、決してその意味において「退く」のではない。ガリラヤに退いたイエスは、カファルナウムの家に隠れていたのではなく、「異邦人のガリラヤ、暗闇に住む民、死の陰の地に住む者」たちのただ中に入って行き、そこでイエスは神の国を宣言される。マタイの描くイエスにあって、引くこと、退くことは消極的な姿勢ではなく、むしろ押し迫る力から引いたところで、押されっぱなしの人々と連帯することを意味し、それは優れて積極的な宣教の姿勢であったと思える。

私たちは、この神の国の宣言をどこに立って聞く者か。「天の国は近づいた」というイエスの宣言は、私たちにとって救いの言葉として響いて来るだろうか。私たちは常に「悔い改め」をもって神の言葉にゆさぶられ、励ましと勇気を頂いて、神の道に正されて歩むものでありたい。

(神谷)


■過去の説教(バックナンバー)

普天間バプテスト教会、過去の説教はこちらからご覧いただけます。タイトルをクリックするとPDFが表示されます。

2023.01.08
「光あれ」聖書:マタイによる福音書7:7~12
2023.01.01
「求めなさい。そうすれば与えられる」聖書:マタイによる福音書7:7~12
2022.12.25
「不安は希望へ」聖書:マタイによる福音書2:1~12
2022.12.18
「夜明け前」聖書:ルカによる福音書2:1~7
2022.12.11
「その名はインマヌエルと呼ばれる」聖書:マタイによる福音書1:18~23
2022.12.04
「わたしの家、わたしの教会―すべての多様性を尊重する―」聖書:イザヤ書56:1~8
2022.11.27
「傷ついた葦を折ることなく」聖書:イザヤ書42:1~9
2022.11.20
「福音の種をまこう」―世界バプテスト女性祈祷日を覚えて―聖書:マルコ福音書4:1~9
2022.11.13
「わたしにつながっていなさい」(子ども祝福式)聖書:ヨハネによる福音書15:4~5
2022.11.06
「小羊に導かれて」聖書:イザヤ書40:1~11
2022.10.30
「問いかけるイエス」聖書:ルカによる福音書15:1~7
2022.10.23
「神に問い、神に問われて」聖書:ヨブ記42:1~17
2022.10.16
「主の食卓を囲み」聖書:マルコ福音書8:1~6、14:22~26
2022.10.09
「神を仰ぎ見る」聖書:ヨブ記19:1~29
2022.10.02
「疑念と信頼」聖書:ヨブ記2:1~13
2022.09.25
「サムソンの力は神のもの」聖書:士師記15:9~20
2022.09.18
「共に生きる知恵」聖書:ルカによる福音書12:13~21
2022.09.11
「主の御前に祈る」聖書:士師記11:1~11
2022.09.04
「信仰は受け継がれていく」聖書:士師記2:16~23
2022.08.29
「善をもって悪に勝ちなさい」聖書:ローマの信徒への手紙13:1~7
2022.08.21
「平和をあきらめない」聖書:ルカによる福音書18:1~8
2022.08.14
「教会と隣人」聖書:ローマの信徒への手紙15:1~6
2022.08.07
「福音は神の力」聖書:詩編85:9~14、ローマの信徒への手紙1:16~17
2022.07.31
「命の息をいただいて」聖書:創世記2:4~9
2022.07.24
「怒れるイエス」聖書:マルコによる福音書11:15~19
2022.07.17
「ひとりの大切さ」聖書:ルカによる福音書8:26~39
2022.07.10
「恵みと慈しみ」―2022年度 召天者記念礼拝―招詞:ペトロの手紙―1:23~25 聖書:ヨブ記1:21、詩編23:1~6
2022.07.03
「洗礼(バプテスマ)の恵み」聖書:ローマの信徒への手紙6:1~14
2022.06.26
「平和のパン種」聖書:ルカによる福音書13:18~21
2022.06.19
「平和をつくり出す人々」―6・23「沖縄慰霊の日」を覚えて―聖書:マタイによる福音書5:9
2022.06.12
「神の前に留まりなさい」聖書:コリントの信徒への手紙―2:1~5
2022.06.05
「十字架の慰め、励まし」聖書:コリントの信徒への手紙―2:1~5
2022.05.29
「平和は足元から」聖書:創世記4:1~16
2022.05.22
「十字架の言葉は“神の力”」聖書:コリントの信徒への手紙―1:18~25
2022.05.15
「教会はどこに建っているか」聖書:マルコによる福音書6:53~56
2022.05.01
「主の晩餐」聖書:コリントの信徒への手紙―11:17~26
2022.04.24
「水と生きる力」聖書:詩編63:1~12
2022.04.17
「さあ、共に生きよう」聖書:ヨハネによる福音書21:1~14
2022.04.10
「イエスは自ら十字架を背負う」聖書:ヨハネによる福音書19:17~30
2022.04.03
「みたび我が主をいなむ」聖書:ヨハネによる福音書18:15~27
2022.03.27
「ただ主のみを神として」聖書:コリントの信徒への手紙一10:1~13
2022.03.20
「ヒゼキヤのトンネル」聖書:歴代誌下32:1~8
2022.03.13
「ただ主のみを神として」聖書:コリントの信徒への手紙-10:1~13
2022.03.06
「見分けること、聞き分けること」聖書:ヨハネによる福音書9:35~10:6
2022.02.27
「わたしもあなたを罪に定めない」聖書:ヨハネによる福音書8:1~11
2022.02.20
「神を愛し、人を愛し、命を愛す」聖書:出エジプト記1:15~21
2022.02.13
「わたしは命のパンである」聖書:ヨハネによる福音書6:6:41~59
2022.02.06
「命のパンを頂こう」聖書:ヨハネによる福音書6:1~15
2022.01.30
「バラバラに、しかし共に」聖書:創世記11:1~9
2022.01.23
「主の言葉を信じて」聖書:ヨハネによる福音書4:46~54
2022.01.16
「祈るときには」聖書:ルカによる福音書11:1~13
2022.01.09
「その水をください」聖書:ヨハネによる福音書4:1~26
2022.01.02
「最初のしるし」聖書:ヨハネによる福音書2:1~11

お知らせ


普天間基地ゲート前でゴスペルを歌うかい

米軍基地を抱えるこの沖縄は、「戦後」78年、「復帰」51年が経過しようとするにもかかわらず、基地から派生する事件事故が絶え間なく起き、常に命が危険に晒され人権が軽視され続けています。
2012年のオスプレイ強行配備には、多くの県民が抗議の声を上げ、普天間基地ゲート前の座り込み、シュプレヒコールがなされました。この状況に“私も参加したい”と思っておられるキリスト者も少なくはなかったことでしょう。その思いを踏まえて、普天間基地ゲート前でゴスペルを歌い、抗議のかたちを表し続けています。また、月に一度は辺野古ゲート前でもゴスペルにて抗議を行います。

主は国々の争いを裁き、多くの民を戒められる。
彼らは剣を打ち直して鋤とし/槍を打ち直して鎌とする。
国は国に向かって剣を上げず/もはや戦うことを学ばない。(イザヤ書2章4節)

<行動開始2012年10月29日~>
毎週月曜日pm6:00-7:00(※状況によって早めに終える場合あり)
2023年の実施期間:1月16日~12月11日
(普天間基地 野嵩ゲート前に集合)

・主催:普天間基地ゲート前でゴスペルを歌う会

E-Mail:futenma.bap@isp.okinawa.jp
「普天間基地ゲート前でゴスペルを歌う会」
ブログへのアクセス:http://futenmagospel.ti-da.net/

普天間バプテスト教会50年周年記念誌

普天間教会50年周年記念誌が完成しました。(※一部のみご紹介します)

ダウンロードはこちら →

お問い合せはこちら

普天間バプテスト教会のお問合せ先

沖縄バプテスト連盟 普天間バプテスト教会

宗教法人 普天間バプテスト教会:沖縄・普天間にあるキリスト教会の外観

  • 〒901-2203
    沖縄県宜野湾市野嵩2-23-1(MAP)
  • TEL/FAX:098-894-0199
  • 主任牧師:神谷 武宏

トップへ戻る