説教・お知らせ

  1. トップページ
  2.  > 説教・お知らせ

説教

2020年8月23日(日)
説教:「過越と十字架」
聖書:出エジプト記12:21~28

ここは「最後の災い」が記されている。イスラエルの民を救出するためにエジプト中の初子が死に直面するというもの。この最後の災いから免れるためには、羊の血を家の入口の鴨居や二本の柱に塗ることにより、災いが過ぎ越して行くというものであった。その晩、災いがエジプト中に襲い、ファラオ(王)の初子をはじめ、多くの人びと、家畜の初子にも死がもたらされた。この「最後の災い」によって、ついに頑(かたく)ななファラオも懲(こ)りて、イスラエルの民がこのエジプトから去らせること、奴隷の身から解放されることを認める。小羊の血を家の鴨居や柱に塗ったイスラエルの民は、その災いから免れたのであった。イスラエルの人びとは、この出来事を世々にわたってこの日を記念とし、神が成された御業を覚えユダヤ教の三大行事の一つとして「過越祭」がある。

キリスト教はこの「過越祭」の行事はないが、私たちはこの「過越」の出来事をどう見て行くべきか? 今度はエジプト人が犠牲になって、神を信じるイスラエルの人びとは災いが過越して行き、良かった、良かった・・・とするのか? それでは「目には目を、歯には歯を」という復讐の何物でもない。暴力の連鎖による復讐、暴力が肯定される物語になってしまう。私たちは、旧約の物語を見る時、同時に新約と照らし合わせ、キリストの業と合わせて見る必要がある。

過越しの出来事には、羊が殺されその血を鴨居に、柱に塗ることにより、その災いが過越して行くというもの。その血は、福音書で見て行く時に、イエス・キリストの十字架の血ということになる。イエス・キリストが、何故、十字架へと向かわざるを得なかったのか? 何故、神の子が殺され、血を流さなければならなかったのか? そこにファラオの頑なな心があったがゆえであり、権力者の誤った道、判断が羊の血を流すということになったのであり、イエス・キリストが十字架へとむけられてしまい血を流すということになってしまう。そのことをまず、歴史的観点から見逃してはいけない。そして、キリストの十字架は、決しておしまいではなく、復活の希望へと私たちは示されている。そして過越しの出来事もまた、エジプトからの脱出、苦難からの解放であることを聖書は示している。

私たちの神は、歴史の只中に居られることを覚えながら、権力におもねることなく、民衆と共に歩む教会でありたいと願う。

(神谷)

YouTubeにて動画配信します。

https://www.youtube.com/channel/UCjC6geLPOkkpIp2S_1v_yNw


■過去の説教(バックナンバー)

普天間バプテスト教会、過去の説教はこちらからご覧いただけます。タイトルをクリックするとPDFが表示されます。

2020.08.16
「記憶することが未来をつくる」申命記24:8~22
2020.08.09
「神と民の狭間に生きて」出エジプト記3:1~15
2020.08.02
「主を畏れること」出エジプト記1:1~21
2020.07.26
「神と共に歩むこと」ミカ書6:1~8
2020.07.19
「人間の“常識”は、神の“非常識”」マルコによる福音書2:1~12
2020.07.12
「『平和の王』―敗戦から75年―」ゼカリヤ書9:9~17
2020.07.05
「“霊”の火を消してはいけません」テサロニケの信徒への手紙一5:12~28
2020.06.28
「教会と隣人」 ローマの信徒への手紙15:1~6
2020.06.21
「新しい王、新しい時代-6.23沖縄戦の悲劇を覚えて」 イザヤ書11:1~10
2020.06.14
「小さくされた神」 フィリピの信徒への手紙2:1~11
2020.06.07
「信仰と愛と希望と」 テサロニケの信徒への手紙一1:1~10
2020.05.31
「聖霊のうめき、社会のうめき」 聖書:ローマの信徒への手紙8:18~30
2020.05.24
「コイノニア・ハウス」 マルコによる福音書7:1~23
2020.05.17
「イエスさまは灯し火」 ルカによる福音書24:13~35
2020.05.14
「神が共に」 コリントの信徒への手紙一12:27~13:13
2020.05.03
「あなたがたのためのわたしの体」 聖書:コリントの信徒への手紙一11:17~26
2020.04.26
「さあ、来て、朝の食事をしなさい」 聖書:ヨハネによる福音書21:1~14
2020.04.19
「顧みられる神」 聖書:創世記16:1~16
2020.04.12
「わたしは主を見ました」 聖書:ヨハネによる福音書20:11~18
2020.04.05
「成し遂げられた」 聖書:ヨハネによる福音書19:17~30
2020.03.29
「キリストの復活と私」 聖書:ローマの信徒への手紙6:1~11
2020.03.01
「神は人を大切に」 聖書:ヨハネ福音書12:20~26
2020.02.23
「真の休息」 マルコによる福音書6:30~44
2020.02.16
「見分けること、聞き分けること」 ヨハネ福音書9:35~10:6
2020.02.09
「分断を修復する神」 創世記3:1~24
2020.02.02
「“だれでも”わたしの水を飲みなさい」 聖書:ヨハネによる福音書7:37~44
2020.01.26
「わたしの肉を食べ、血を飲む」 聖書:ヨハネによる福音書6:22~59
2020.01.19
「神が与えた命と使命」 聖書:創世記2:4b~25
2020.01.12
「通り過ぎる神」 聖書:マルコによる福音書6:45~52
2020.01.05
「わたしはΑ(アルファ)であり、Ω(オメガ)である」 聖書:ヨハネの黙示録1:1~8
2019.12.29
「神と共に働く者」 聖書:コリントの信徒への手紙一3:6~9
2019.12.22
「なるがままに」 聖書:ルカによる福音書1:26~38
2019.12.15
「インマヌエル」 聖書:マタイによる福音書1:18~25
2019.12.08
「政治と祈りと讃美」 聖書:ルカによる福音書1:46~56
2019.12.01
「アドベント」 聖書:ルカによる福音書1:5~25
2019.11.24
「彼女を記念して」―世界バプテスト祈祷月間(OBC女性会)― 聖書:マルコによる福音書14:3~9
2019.11.10
「イエス・キリストと人権」 聖書:マタイによる福音書15:21~28
2019.11.03
「主の言葉が臨む」~首里城焼失の悲しみを越えて~ 聖書:ゼカリヤ書9:1~10
2019.10.27
「愛し合い、仕え合う」 聖書:ヨハネによる福音書13:1~20
2019.10.06
「平和への道は」 聖書:エステル記4:1~17
2019.09.29
「イエスの示す『正しさ』」 聖書:ヨハネによる福音書5:1~18
2019.09.22
「時を知る者」~大城実氏の哀悼の意を表して~ 聖書:エステル記1:10~2:4
2019.09.15
「みんな地の塩、世の光」 聖書:マタイによる福音書5:13~16
2019.09.08
「落穂拾い」 聖書:ルツ記4:7~17
2019.09.01
「今日も、明日も、神われらと共に」 聖書:ルツ記1:16~2:3
2019.08.25
「神の大いなる救い」 聖書:創世記45:1~15
2019.08.18
「すべての人が満たされる」 聖書:ヨハネによる福音書6:1~15
2019.08.11
「全地に散らされた」 聖書:創世記11:1~9
2019.08.04
「山の上で箱舟を造る」 聖書:創世記6:5~22
2019.07.28
「夢を見る」 聖書:創世記41:1~36
2019.07.14
「イエスのたとえの新しさ」 聖書:マタイによる福音書13:24~33
2019.07.07
「二つのものを一つに」 聖書:創世記37:1~11、エフェソの信徒への手紙2:14~16
2019.06.30
「土地も人の恩を忘れない」 聖書:マタイによる福音書20:1~9
2019.06.23
「暴力への依存」~沖縄「慰霊の日」を覚えて~ 聖書:詩編62:11~13
2019.06.16
「地の底の穴から救う主」 聖書:詩編88:2~13
2019.06.09
「告白する教会」 聖書:マタイによる福音書16:13~20
2019.06.02
「完全な者となりなさい」 聖書:マタイによる福音書5:43~48
2019.05.26
「沈黙の声を聴く」 聖書:マルコによる福音書15:33~41
2019.05.19
「永遠の命を受け継ぐ」 聖書:マルコによる福音書10:17~31
2019.05.05
「キリストと共に十字架につけられています」 聖書:ガラテヤの信徒への手紙2:15~21
2019.04.28
「神ならざるものを神としない」 聖書:コリントの信徒への手紙一10:1~13
2019.04.21
「復活の主と共に」 聖書:ヨハネ福音書3:16~21
2019.04.14
「キリストの受難から見えてくるもの」 聖書:ルカ福音書23:26~43
2019.04.07
「わたしはあの人を・・・」 聖書:ルカ福音書22:31~34、54~62
2019.03.31
「十字架を誇る」 聖書:ガラテヤの信徒への手紙6:11~18
2019.03.24
「神の国はどこに」 聖書:ルカによる福音書17:11~21
2019.03.17
「富める者と貧しき者」 聖書:ルカによる福音書16:19~31
2019.03.10
「父と母を敬いなさい」 聖書:エフェソの信徒への手紙6:1~2
2019.03.03
「希望があるから」 聖書:ローマの信徒への手紙5:1~11
2019.02.24
「主の祈り」 聖書:マタイによる福音書6:9~13
2019.02.17
「‘非暴力’は‘無抵抗’ではない」 聖書:マタイによる福音書5:38~41
2019.02.10
「安心して行きなさい」 聖書:ルカによる福音書7:36~50
2019.02.03
「イエスの新しさ」 聖書:ルカによる福音書5:33~39
2019.01.27
「イエスの招き」 聖書:ルカによる福音書5:27~32
2019.01.20
「湖畔に立つイエス」聖書:ルカによる福音書5:1~11
2019.01.13
「働くとき、聴くとき」聖書:ルカによる福音書10:38~42
2019.01.06
「山と丘はみな低くされる」聖書:ルカによる福音書3:1~20
2018.12.30
「主があなたと共におられる」聖書:ルカによる福音書1:26~38
2018.12.23
「不安と希望」聖書:マタイによる福音書2:1~12
2018.12.16
「すべての人を救う神の愛」聖書:ヨハネによる福音書3:16~21
2018.12.09
「系図に見る慰めと恵み」聖書:マタイによる福音書1:1~17
2018.12.02
「主を仰ぎ見る」聖書:イザヤ書6:1~13
2018.11.25
「天よ聞け、地よ耳を傾け」聖書:イザヤ書1:2~20
2018.11.18
「力強い聖霊の働き」聖書:使徒言行録19:23~29
2018.11.11
「人はパンだけで生きるものではない」聖書:マタイによる福音書4:1~4
2018.11.04
「すべての民の祈りの家」聖書:イザヤ書56:1~8
2018.10.28
「わたしの服に触れたのはだれか」聖書:マルコによる福音書5:21~43
2018.10.21
「力強い聖霊の働き」聖書:使徒言行録19:23~29
2018.10.14
「神はわたしたちの避けどころ」聖書:詩編46:2~12
2018.10.07
「いかに幸いなことか」聖書:詩編1:1~6
2018.09.30
「しまくとぅばと聖書の関わり」聖書:ヨハネによる福音書1:1~10
2018.09.16
「生きよ、開かれた道を行け」聖書:イザヤ書43:8~28
2018.09.09
「犠牲」聖書:士師記11:29~40
2018.08.26
「隣人を自分のように愛しなさい~宗教家とサマリア人~」聖書:ルカによる福音書10:25~37
2018.08.19
「教会を成長させる神」聖書:使徒言行録18:18~28
2018.08.12
「沖縄のあるべき姿~翁長知事の急逝を悼み~」聖書:創世記26:15~25
2018.08.05
「わたしを見たもう神」聖書:創世記16:1~16
2018.07.29
「平和活動は教会の公務」聖書:エレミヤ書22:1~3
2018.07.22
「塩の柱」聖書:創世記19:1~29
2018.07.15
「とりなし」聖書:創世記18:16~33
2018.07.01
「わたしが示す地に行きなさい」聖書:創世記12:1~9
2018.06.24
「目から涙をぬぐいなさい」聖書:エレミヤ書31:10~17
2018.06.17
「行って、同じようにしなさい」聖書:ルカによる福音書10:25~37
2018.06.10
「わたしたちは落胆しません」聖書:コリントの信徒への手紙二4:1~15
2018.06.03
「キリストの香り」聖書:コリントの信徒への手紙二2:14~3:6
2018.05.27
「朽ちないものを着る」聖書:コリントの信徒への手紙一15:50~58
2018.05.20
「‘教会’のはじまり」聖書:使徒言行録2:1~13
2018.05.13
「キリストの愛に気づかされて」聖書:コリントの信徒への手紙12:27~13:13
2018.05.06
「『主の晩餐』の恵み」聖書:コリントの信徒への手紙11:17~26
2018.04.29
「死は終わりではない」聖書:申命記34:1~9
2018.04.22
「神の前に留まりなさい」聖書:コリントの信徒への手紙7:17~24
2018.04.18
「キリストの思い」聖書:コリントの信徒への手紙2:1~5
2018.04.08
「十字架の言葉」聖書:コリントの信徒への手紙1:18~31
2018.04.01
「主はガリラヤへ」聖書:マルコによる福音書16:1~8
2018.03.25
「イエスの死」聖書:マルコによる福音書15:33~41
2018.03.18
「身を挺して」聖書:マルコによる福音書14:1~10
2018.03.11
「わたしが命のパンである」聖書:ヨハネによる福音書6:33~35
2018.03.04
「イエスの視点、立ち位置は」聖書:マルコによる福音書12:35~44
2018.02.25
「民と共に讃美する人」聖書:出エジプト記15:19~21
2018.02.18
「神にできる」聖書:マルコによる福音書10:17~27
2018.02.11
「聞け」聖書:マルコによる福音書7:31~37
2018.01.28
「記念する民」聖書:出エジプト記15:1~18
2018.01.21
「イエスの怒り」聖書:マルコによる福音書3:1~9
2018.01.14
「その人たちの信仰を見て」聖書:マルコによる福音書2:1~12
2018.01.07
「『神の子イエス・キリスト』の宣言」聖書:マルコによる福音書1:1~15

お知らせ


普天間基地ゲート前でゴスペルを歌うかい

米軍基地を抱えるこの沖縄は、「戦後」75年、「復帰」48年が経過しようとするにもかかわらず、基地から派生する事件事故が絶え間なく起き、常に命が危険に晒され人権が軽視され続けています。
2012年のオスプレイ強行配備には、多くの県民が抗議の声を上げ、普天間基地ゲート前の座り込み、シュプレヒコールがなされました。この状況に“私も参加したい”と思っておられるキリスト者も少なくはなかったことでしょう。その思いを踏まえて、普天間基地ゲート前でゴスペルを歌い、抗議のかたちを表し続けています。また、月に一度は辺野古ゲート前でもゴスペルにて抗議を行います。

主は国々の争いを裁き、多くの民を戒められる。彼らは剣を打ち直して鋤とし/槍を打ち直して鎌とする。
国は国に向かって剣を上げず/もはや戦うことを学ばない。(イザヤ書2章4節)

<行動開始2012年10月29日~>
毎週月曜日pm6:00-7:00
2020年の実施期間:1月13日~12月14日
(普天間基地 野嵩ゲート前に集合)

・主催:「普天間基地ゲート前でゴスペルを歌う会」実行委員会

連絡先:098-894-0199(FAX兼)
「普天間基地ゲート前でゴスペルを歌う会」ブログへのアクセス :http://futenmagospel.ti-da.net/

普天間バプテスト教会50年周年記念誌

普天間教会50年周年記念誌が完成しました。(※一部のみご紹介します)

ダウンロードはこちら →

お問い合せはこちら

普天間バプテスト教会のお問合せ先

沖縄バプテスト連盟 普天間バプテスト教会

宗教法人 普天間バプテスト教会:沖縄・普天間にあるキリスト教会の外観

  • 〒901-2203
    沖縄県宜野湾市野嵩2-23-1(MAP)
  • TEL/FAX:098-894-0199
  • 主任牧師:神谷 武宏

トップへ戻る