説教・お知らせ

  1. トップページ
  2.  > 説教・お知らせ

説教

2022年5月1日(日)
説教:「主の晩餐」
聖書:コリントの信徒への手紙一11:17~26

「主の晩餐」は、イエスの十字架と復活の出来事を想起することである。また、イエス・キリストの「十字架」「死」は、私たちに≪多くの実を結ぶ≫(ヨハネ12:24)もののためであり、≪わたしたちが生きるようになるため≫(ヨハネの手紙一4:9)のものであると聖書は記す。 このイエスによる最後の晩餐の時に共に食事をしたのは、弟子たちであった。弟子たちはこの後、イエスを裏切り、イエスを置いて逃げ去ることをご存知でありながら、イエスは弟子たちと食事を共にする。そして復活後も逃げ去る弟子たちに現れ食事を共にする。この「主の晩餐」には、そういう弟子たちの裏切りも伴いながら、されど弟子たちと共に食事をなさる主イエスがおられる。

「主の晩餐式」は月に一度巡って来る。私たちが感謝に満ち溢れている時だけ巡ってくるわけではない。試練の時も、失敗を犯して自分の罪深さをいやというほど思い知らされている時にも、主の晩餐式は巡ってくることもあろう。そんな時、「こんな私がパンを取っていいのだろうか、杯を飲んでいいのだろうか」と思うことがないか。主の晩餐は、決して私たちの側が気持ちで取る、取らないではない。主の定めで主イエスの側から≪これは、あなたがたのためのわたしの体である。わたしの記念としてこのように行いなさい≫と言われ、「さあ、取って食べなさい」「あなたが今、私を裏切ることを知っている」「あなたが神を見失っていることを知っている」それでも主は、「さあ、取って食べなさい」と言う。そこに気づかされる時、「主の晩餐式」は、私たちの側に悔い改めを起こし、感謝と慰めに満ち、希望と勇気が与えられて行くのではないか。

ただ、私どもの普天間バプテスト教会では、バプテスマを受けておられない方は、その晩餐式に預かることはできないとしている。しかし、いつの日かご一緒に「主の晩餐式」に預かることが出来ればと心から願う。バプテスマは、何も難しいことではない。ペーパー試験をするとか、聖書を十分理解してからとか、そういうものではない。もし、そうであれば、私も含め、ここに「主の晩餐式」に預かれるものはほぼいないであろう。バプテスマはキリスト者として歩むスタート・ラインに立つことである。是非、バプテスマが与えられることを願ってやまない。

「主の晩餐式」が行われる時、イエス・キリストご自身が、今ここに、この晩餐式に共に居られるということである。

(神谷)


■過去の説教(バックナンバー)

普天間バプテスト教会、過去の説教はこちらからご覧いただけます。タイトルをクリックするとPDFが表示されます。

2022.04.24
「水と生きる力」聖書:詩編63:1~12
2022.04.17
「さあ、共に生きよう」聖書:ヨハネによる福音書21:1~14
2022.04.10
「イエスは自ら十字架を背負う」聖書:ヨハネによる福音書19:17~30
2022.04.03
「みたび我が主をいなむ」聖書:ヨハネによる福音書18:15~27
2022.03.27
「ただ主のみを神として」聖書:コリントの信徒への手紙一10:1~13
2022.03.20
「ヒゼキヤのトンネル」聖書:歴代誌下32:1~8
2022.03.13
「ただ主のみを神として」聖書:コリントの信徒への手紙-10:1~13
2022.03.06
「見分けること、聞き分けること」聖書:ヨハネによる福音書9:35~10:6
2022.02.27
「わたしもあなたを罪に定めない」聖書:ヨハネによる福音書8:1~11
2022.02.20
「神を愛し、人を愛し、命を愛す」聖書:出エジプト記1:15~21
2022.02.13
「わたしは命のパンである」聖書:ヨハネによる福音書6:6:41~59
2022.02.06
「命のパンを頂こう」聖書:ヨハネによる福音書6:1~15
2022.01.30
「バラバラに、しかし共に」聖書:創世記11:1~9
2022.01.23
「主の言葉を信じて」聖書:ヨハネによる福音書4:46~54
2022.01.16
「祈るときには」聖書:ルカによる福音書11:1~13
2022.01.09
「その水をください」聖書:ヨハネによる福音書4:1~26
2022.01.02
「最初のしるし」聖書:ヨハネによる福音書2:1~11
2021.12.26
「あなたがたへのしるし」聖書:ルカによる福音書2:1~20
2021.12.19
「主があなたと共におられる」聖書:ルカによる福音書1:26~38
2021.12.12
「神はわれらと共に」聖書:マタイによる福音書1:18~25
2021.12.05
「黙して待てば、幸いを得る」聖書:ルカによる福音書1:5~25
2021.11.28
「エッサイの株から」聖書:イザヤ書11:1~10
2021.11.21
「神によるエンパワーメント-世界祈祷月間にちなんで-」聖書:ルカによる福音書10:38~42
2021.11.14
「目を上げて、わたしは山々を仰ぐ」聖書:詩編121:1~8
2021.11.07
「主は羊飼い、わたしは羊」聖書:詩編23:1~6
2021.10.31
「神はわがやぐら」聖書:詩編46:2~12
2021.10.24
「イエスの女弟子たち」聖書:マルコによる福音書15:33~41
2021.10.17
「イエスが見たハラスメント」聖書:マルコによる福音書2:13~17
2021.10.10
「力は神のもの~十十空襲の悲劇を覚えて」聖書:詩編62:1~13
2021.10.03
「いかに幸いなことか」聖書:詩編1:1~6
2021.09.26
「苦難は希望へ、希望は東方から」聖書:エゼキエル書43:1~9
2021.09.19
「これはまったく神のみ業」聖書:マルコによる福音書2:1~12
2021.09.12
「神よ、あなたのみがご存じです」聖書:エゼキエル書37:1~14
2021.09.05
「主はわが牧者」聖書:エゼキエル書34:1~11
2021.08.29
「食事会への招き」聖書:ルカによる福音書14:15~24
2021.08.22
「立ち帰って、生きよ」聖書:エゼキエル書18:1~4、30~32
2021.08.15
「見つけたら一緒に喜ぶ」聖書:ルカによる福音書15:8~10
2021.08.08
「神は“哀歌と呻きと嘆き”と共に」聖書:エゼキエル書2:1~3:3
2021.08.01
「主の御手がのぞむ」聖書:エゼキエル書1:1~14,28
2021.07.25
「御万人ぬ救い」聖書:ローマの信徒への手紙10:5~13
2021.07.11
「神の義に差別はない」聖書:ローマの信徒への手紙3:21~31
2021.07.04
「御言葉を行う人になりなさい」聖書:ヤコブの手紙1:19~27
2021.06.27
「イエスの証しと神の言葉のために」聖書:ヨハネの黙示録20:1~15
2021.06.20
「イエス・キリストの黙示」―6・23沖縄戦の悲劇を覚えて―聖書:ヨハネの黙示録1:1~8
2021.06.13
「小羊の血と証しの言葉とで」聖書:ヨハネの黙示録12:1~18
2021.06.06
「天の声を聞く」聖書:ヨハネの黙示録18:1~8
2021.05.30
「神のパートナー」聖書:創世記1:21~31
2021.05.23
「聖霊に迫られて」聖書:使徒言行録20:17~24
2021.05.16
「神は名前を呼ばれた」聖書:創世記1:1~13
2021.05.09
「主は、この時代に一つのことをする」聖書:使徒言行録13:1~3,41~52
2021.05.02
「主よ、あなたはどなたですか」聖書:使徒言行録9:1~19前半
2021.04.25
「金持ちとラザロ」聖書:ルカによる福音書16:19~31
2021.04.18
「わたしは何者なのか」聖書:出エジプト記2:11~15
2021.04.11
「求めなさい。そうすれば与えられる」聖書:マタイによる福音書7:7~12
2021.04.04
「あなたがたより先にガリラヤへ」聖書:マルコによる福音書16:1~8
2021.03.28
「神殿の垂れ幕が裂けた」聖書:マルコによる福音書15:33~41
2021.03.21
「そのとき神はどこに」聖書:創世記8:1~22
2021.03.14
「十字架への道」聖書:マルコによる福音書15:16~32
2021.03.07
「キリストの視座」聖書:マルコによる福音書12:35~44
2021.02.28
「十字架を負う」聖書:マルコによる福音書8:31~9:1
2021.02.21
「対話する神」聖書:創世記18:16~33
2021.02.14
「あなたの神の子とする愛」聖書:ヨハネの手紙―3:1
2021.02.07
「仰ぎ見る信仰」聖書:マルコによる福音書7:24~30
2021.01.31
「からし種」聖書:マルコによる福音書4:30~34
2021.01.24
「イエスの怒り、悲しみ」聖書:マルコによる福音書3:1~6
2021.01.17
「ヒトはなぜ歌うのか」聖書:詩編42:2~12
2021.01.10
「まことの友となりたい」聖書:マルコによる福音書2:1~12
2021.01.03
「福音の初め」聖書:マルコによる福音書1:1~15

お知らせ


普天間基地ゲート前でゴスペルを歌うかい

米軍基地を抱えるこの沖縄は、「戦後」75年、「復帰」48年が経過しようとするにもかかわらず、基地から派生する事件事故が絶え間なく起き、常に命が危険に晒され人権が軽視され続けています。
2012年のオスプレイ強行配備には、多くの県民が抗議の声を上げ、普天間基地ゲート前の座り込み、シュプレヒコールがなされました。この状況に“私も参加したい”と思っておられるキリスト者も少なくはなかったことでしょう。その思いを踏まえて、普天間基地ゲート前でゴスペルを歌い、抗議のかたちを表し続けています。また、月に一度は辺野古ゲート前でもゴスペルにて抗議を行います。

主は国々の争いを裁き、多くの民を戒められる。彼らは剣を打ち直して鋤とし/槍を打ち直して鎌とする。
国は国に向かって剣を上げず/もはや戦うことを学ばない。(イザヤ書2章4節)

<行動開始2012年10月29日~>
毎週月曜日pm6:00-7:00
2022年の実施期間:1月10日~12月12日
(普天間基地 野嵩ゲート前に集合)

・主催:「普天間基地ゲート前でゴスペルを歌う会」実行委員会

連絡先:098-894-0199(FAX兼)
「普天間基地ゲート前でゴスペルを歌う会」ブログへのアクセス :http://futenmagospel.ti-da.net/

普天間バプテスト教会50年周年記念誌

普天間教会50年周年記念誌が完成しました。(※一部のみご紹介します)

ダウンロードはこちら →

お問い合せはこちら

普天間バプテスト教会のお問合せ先

沖縄バプテスト連盟 普天間バプテスト教会

宗教法人 普天間バプテスト教会:沖縄・普天間にあるキリスト教会の外観

  • 〒901-2203
    沖縄県宜野湾市野嵩2-23-1(MAP)
  • TEL/FAX:098-894-0199
  • 主任牧師:神谷 武宏

トップへ戻る